大橋克洋

電子カルテ「NOA」開発者 | 大橋克洋

大橋産科婦人科院長
(公益社団法人)東京都医師会で医療情報担当の理事や、(公益社団法人)日本医師会で医療IT検討委員会委員長を務めるなど、医療ICT化や電子カルテの普及に尽力。

1985年には診療録の電子化を目指し、「WINEプロジェクト」を開始。後に電子カルテ「NOA」を開発。
2008年には同アプリをオープンソースとしてウェブ上で公開する取り組みを始め、医療業界の中で注目を集めてきた。
2019年より、株式会社Donutsが提供するクラウド型電子カルテ『CLIUS(クリアス )』の技術顧問に就任。

監修記事一覧

電子カルテとは? オンプレとクラウドの違い、導入費用、選定時期までを解説

電子カルテとは? オンプレとクラウドの違い、導入費用、選定時期までを解説

電子カルテ「NOA」開発者 | 大橋克洋

  • #開業準備
  • #電子カルテ・ICT
  • #ITの基礎知識

取材対象記事一覧

クラウド型電子カルテのメリット・デメリットを、電子カルテ「NOA」開発者が解説

クラウド型電子カルテのメリット・デメリットを、電子カルテ「NOA」開発者が解説

電子カルテ「NOA」開発者 | 大橋克洋

  • #開業準備
  • #電子カルテ・ICT
  • #ITの基礎知識